抗真菌薬ってなんだろう?

抗真菌薬が効果を示す真菌の症状

水虫に悩まされる方も多いでしょう。水虫は白癬菌というカビの一種です。抗真菌薬が効果を現す真菌の症状の一つです。白癬菌は足の裏だけではなく、全身に感染する可能性があります。範囲が狭かったり、深いところまで侵食していなければ塗り薬タイプの抗真菌薬で効果が現れます。医師から言われた用法を守り、こまめに塗ることが大切です。完全に真菌をやっつけるためには、見た目に治ったように見えても医師から言われた期間はしっかり薬を塗る必要があります。広範囲に白癬菌が広がってしまった時や、爪白癬のように浸食の激しい場合は飲み薬の抗真菌薬を服用します。飲み薬ですと全身に薬の効果が広がりますから、効率よく治療することが出来ます。もうひとつ、多くの女性が悩ませる真菌の症状にカンジダがあります。カンジダは膣に罹患するカビの真菌の一種です。常在菌として膣に保有している女性もいます。ある一定量なら症状が出ないのですが、疲れているときなどに体の抵抗力が落ち、増殖してしまいます。増殖してしまうと、激しいかゆみを伴います。このケースでも抗真菌薬の塗り薬や膣錠を用います。これらの薬は産婦人科で診察を受けて処方してもらうことが出来ます。毎日入れるタイプの膣錠を5日も用いれば効果が出てきます。また、こまめに抗真菌の塗り薬を塗布して治るのを待ちます。最近は、再発したカンジダに関しては薬局で薬を購入する事も可能です。薬剤師と相談の上、処方できる方には販売してもらえます。しかし、陰部にかゆみを伴う女性の病気は感カンジダだけではありません。トリコモナスなど広がると大変な病気もありますから、産婦人科で診察を受ける事をお勧めします。水虫もカンジダも、治っても再発しやすい病気ですから治療が終わっても注意しましょう。
■通販サイトで購入
ニゾラールクリーム
■水虫のおすすめ情報サイト
イトリゾールが含まれている医薬品