抗真菌薬ってなんだろう?

ムレたブーツで水虫に、市販されている抗真菌薬とは

 最近若い情勢にも増えている水虫。それは長時間ブーツやパンプスを履いている事によって足がムレてしまい水虫のげんいんである白癬菌が増殖してしまうことが原因です。冬にはストッキングやタイツにブーツを履く機械が多く、さらにじめじめする梅雨時期にはレインブーツを履く女性が多いため水虫に悩む女性が増加しています。しかし、病院に行くのが恥ずかしい、仕事が忙しくてなかなか行けないという方に市販の抗真菌薬が販売されているので購入をおすすめします。
 水虫を放置してしまうと趾間型や小水疱型、爪白癬、角質増加型などの症状が出てしまいます。趾間型は足の指の間が白っぽくジュクジュクとしてしまったり、赤く腫れかゆみが伴う症状です。水水疱型は足の側面や裏側に小さな水ぶくれができてこちらもかゆみが出ます。爪白癬は爪が変形してしまい、角質増殖型は足の裏全体がガサガサして確執が硬くひび割れてしまいます。この角質増殖型が女性に多い水虫です。
 このような水虫をこっそり治したい人の為に市販の抗真菌薬があります。クリームや、液剤、スプレー、キュアジュレタイプがあるので自分の水虫に合わせて選びましょう。ただし、市販の抗真菌薬を1週間使っても効果が見られないときや何度治療しても症状が繰り返される場合などは皮膚科に受診する必要があります。
 水虫の治療としては塗り薬などの抗真菌薬を使用し、爪白癬の場合は内服薬が処方されます。途中で症状が現れなくなっても、水虫は足の奥に潜んでいる場合がある為油断は禁物です。完治までには3~6ヵ月と長期間かかるので、根気よく治療していくことが重要となります。冬場や梅雨の時期等水虫の予防や治療をしっかりして夏場綺麗な素足で過ごせるようにしたいですね。