抗真菌薬ってなんだろう?

皮膚病治療薬としての抗真菌薬とフルコート軟膏の違い

フルコート軟膏は、皮膚が炎症をおこして腫れ、赤みをともなう症状を抑え、同時にかゆみ、痛みを緩和するというはたらきがあります。そのため、一般的なしっしんや皮膚炎の場合の治療薬として、このフルコート軟膏が処方されることが多いといえます。
フルコート軟膏は、いわゆるステロイド剤の一種であり、患部に適量を塗ることですぐれた効果を発揮します。ステロイド剤として知られているものには、他にも虫さされの治療薬などがあり、こちらもかゆみ止めの効果はよく知られているところです。
しかし、フルコート軟膏のようなステロイド剤には、外部からの刺激に対する人体の防衛反応のひとつとしてあらわれる炎症をしずめる効果とは裏腹に、免疫機能を弱めてしまうというはたらきもあるため、専門の医師の指導のもとで正しく使うということが必須となります。
皮膚病の治療薬としては、他にも抗真菌薬のようなものがありますが、ステロイド剤と抗真菌薬とはメカニズムがまったく異なるため、同じ皮膚病だからと素人判断で安易に併用してしまうと、よけいに症状が悪化してしまうため、注意が必要です。
真菌はカビの一種であり、水虫などの皮膚病は、こうした真菌が皮膚に感染することによって起こるものといえます。カビのようなありふれた微生物は、生活のいたるところに存在していますが、ストレスなどによって免疫機能がおとろえたときに限って、人体にも感染してしまうため、抗真菌薬を投与することによって、その増殖を抑制するのです。
ところが、抗真菌薬とステロイド軟膏を併用した場合には、ステロイド軟膏が人体の免疫機能を弱めてしまうため、治療薬としての抗真菌薬の効果をも弱めてしまい、結果として病気が改善しない原因となってしまうのです。