抗真菌薬ってなんだろう?

足湯で爪水虫になったら爪処方の抗真菌薬で治療

温泉地に出かけると「足湯」を良く見かけます。
足だけ入れる温泉という事で、温泉に入る予定が無かった方も、気軽に温泉気分を楽しめます。
無料の場合がほとんどで、あれば多くの方が利用するでしょう。

ただ、不特定多数の方が利用する足湯ですので、「水虫」にかかってしまうリスクも少なくありません。
水虫は白癬菌というカビが、皮膚や爪に感染して起こる皮膚病の1つです。
足湯は色々な方が利用する場所ですので、白癬菌が感染しやすい環境にあります。
免疫力が低下していると、普段よりも白癬菌に感染しやすくなるので注意しましょう。

水虫と一言で言っても、実は症状は様々です。
水虫といえば指の間が赤く剥がれて、痒みが出るというイメージがありますが、この症状の他にもかかとが厚くなる、水泡ができるといった症状も現れます。
白癬菌はケラチンというタンパク質をエサとするのですが、ケラチンは皮膚だけでなく、爪にも含まれている成分です。
ですので、中には爪に白癬菌が感染し、水虫となってしまうケースもあります。
爪水虫は薬を塗っても、爪の中にまで有効成分が浸透しない為、外用薬では治らないと言われています。
爪水虫は爪処方の抗真菌作用のある、内服薬で治療するケースが多いようです。

爪処方の抗真菌薬なら、体の中から白癬菌を殺菌する事が可能です。
市販の水虫薬では爪水虫を治す事は出来ないので、爪水虫になったら爪処方の抗真菌薬で治療を始めましょう。
抗真菌作用のある内服薬でも、爪水虫はしつこいので、1年程度治療にかかる場合もあります。

爪水虫は爪が白くなる、爪がポロポロと剥がれるといった症状が現れます。
足湯に入り、その後このような爪の症状が現れたら、爪水虫を疑って皮膚科を受診してみましょう。